欢迎您光临新葡亰1495app-澳门官方网站官方网站!

《RG GN-001/hs-A010 雪崩型能天使高达 by Siong1004》9月5日

时间:2020-01-03 00:21

8/6の飲み会で火が付いたのでRGアヴァランチエクシアにチャレンジ。 ここまでは割りと楽に終わり。 問題は背中と腰周り(ω`State of Qatarフロントスカートのアーマー、塗り分けめんどいからパーツ分けしてPAJEROGのスカートに被せられるように加工(^ω^≡^ω^卡塔尔(قطر‎装甲の装着完了。 塗装の為に外せるようになってます(`ω卡塔尔ちまちまディテアップチャレンジしとります。 センス無いと思うけど、やらなきゃ身に付かないからどんどんやるぜ!右腕のディテアップひと段落。 写真だと左側がディテ入れ後、右がノーマル。上身はこんなもんで。 これ以上はうるさくなりそう(`State of Qatar后天からは下身のディテアップ!下身のディテ始めました。バラバランチエクシア(`卡塔尔(قطر‎アヴァランチ、残りは青のみ! リタッチ、墨入れ、デカール、トップ…やる事はまだまだありますね!おはようございます! 后日で塗装が終わり、スミ入れ作業に入りました! 即近期日は作業出来ないので、週末产生に向けて頑張ります(`ω)マスキング地獄はいい経験になりました(^ω^≡^ω^)デカール待ちのエクシアたん。 スミ入れ、パーツ割れの処理は終わったので後はデカールとトップコートのみ!突発した事故を経てなんとか完成。 正式な写真は今夜か明日辺りに出しますー。RGアヴァランチエクシアダッシュ、完成しました! 更にGBWC2016へ投稿! 初のコンテスト、ドキドキです(*д`)

图片 1

图片 2

转自:modelers-g作者:haruka_a陈述:オラザク二零一五に插手した小说となります。今回はSDで行こう!ということで好きな機体のクロスボーンを選択しました。元々Miniのキットなので定番のHGとのニコイチではサイズが合わず、MGをメインに加工しています。膝を除く本体はMGを使用し、武装やフルクロスにはHGを使用しています。余談オラザクの登録ページで小说名文字数がオーバーしてちょっと困りました。タグ: 第19回 全日本オラザク選手権|クロスボーンガンダム|フルクロスキット: MGクロスボーンガンダムX1フルクロス改造パーツ(1): HGクロスボーンガンダムX1フルクロス改造パーツ(2) SDクロスボーンガンダムX1紙面にはこの写真が載りました。メイン画像のものが生机勃勃番気に入っていたのでこの写真が使われていて結構驚きました。スラスターはMGそのまま使用しました。肉抜きは埋めています。ただ背面への接続はコアファイターオミットして直接随着しています。HGの武装を持ってきているのでビームエフェクトが派手です。塗装前前边フェイスはSDビルドストライクを使用しています。胴体→足→腕の順に短縮しました。この順が個人的には黄金时代番バランスとりやすいです。塗装前背面この写真にはありませんがフルクロス裏はプラ板を切り出して貼りつけています。HGとの比較。MGベースなので結構ボリュームあります。

转自:modelers-g作者:Yoshify描述:約2年ぶりとなりますが久々に投稿させて頂きます。ガンプラを素組みして初めて「恐怖」を感じたほど完成度の高いキット、手を加えられる事を頑なに拒むかのような精緻なモールドに対して如何にして「自分らしさ」を加味できるかいつもは行き当たりばったりの製作なのですが、今回は珍しく頭を悩ませ非常に苦労の末に何とか完成させる事ができました。まだまだ粗い所もありますが、今の自分にやれる事、やりたい事は全て注ぎ込んで徹底的に妥協なく作り込みました。渾身の一作ですので、ご覧頂いてもし宜しければコメント等頂けると嬉しいです! タグ: フリーダム|フリーダムガンダム|SEED|キラヤマトキット: MG フリーダムガンダム Ver.2.0改造パーツ(1): RGシリーズ各種HGUCシリーズ各種改造パーツ(2) プラ板メタルパーツ第三遍ヤキンドゥーエ进攻和防守戦にて大破した機体を改修し、2年後が舞台の『SEED DESTINY』劇中でキラが搭乗した「後期型フリーダム」という想定で製作しました。ストライクフリーダム開発に伴う新機構も后生可畏部フィードバックして搭載し、劇中でもまさに「Ver.2.0」として強化された姿という脳内設定に基づき、スタイル変更や流用パーツのパッチワーク主体によるディティールアップ等で、美しさと力強さ、重厚感とリアル感を追求してみました。大型のウイングやバラエーナに更に追加パーツを貼りつけているのでかなり重たく、ノーマルのままでは自立させる事が不容许でした。そこで腰~脚にかけての各部関節の強化、ストッパーの追加、脚部フレーム&スリッパ内部に重りを入れる、足裏にネオジム磁石を設置し台座と接続などの方法により、しっかりと足を踏ん張った「仁王立ち」が出来るようにしました。本体同様にルプスビームライフル、シールド裏面、背部ウイング等にも薄くスライスした他キットからの流用パーツを貼り付ける「パッチワークモデリング」によりディティールアップを施しています。ウイング基部には太径のシリンダーパーツを設置。ウイングの展開に連動して伸縮します。おもなプロポーション変更点首軸部で約1mm延長しアゴを引けるように改修。肩関節部の可動域拡大。肩アーマー基部の取り付け位置変更により、約2mm上方へ移動。胸~脇腹~腰にかけての細さが気になったので、流用パーツによる幅増しで「太く見えるように」改修。アンクルアーマーの干渉解消のため、かかと部分のフレームを約4mmかさ上げ。おもな改修点〔頭部〕アンテナは白石绿ともに短くし、先端をシャープ化。ヘルメットのひさし部分をプラ板にて角度変更&幅を狭くして、目つきが鋭くなるように改修。マスクフェイスガードアゴの赤い部分の下部を削り、面長感を解消。頭頂部メインカメラカバーのフチを薄く加工。内部には前後ともプラ材&メタルパーツにより内部構造を追加。バルカンはメタルパーツに置換え。首関節部にシリンダーパーツ、メッシュパイプ追加後頭部ヘルメットの裾部分をプラ板にて延長。〔胴部〕首から肩にかけての僧帽筋部分にダクトパーツを追加してストライクフリーダム風に。胸ダクトのフチを薄く加工。内部にスジ彫りを追加してスリット作成。胸下面のセンサーをメタルパーツに置換え。おもな改修点〔肩腕部〕肩アーマー上部を上側にオフセット隙間にはフレーム状パーツを追加。肩アーマー内側にプラ板で作製したヒートシンク設置。肩アーマー外側フィン部分を流用パーツで大型化肩アーマー后边をプラ板にて多种装甲化。手首部分を2mm延長。流用パーツにて隙間埋め。〔腹腰部〕腰の青いパーツを切り欠いてスリット増設。 流用パーツを内部フレームに仕込んで「チラ見せ」。腰アーマーを流用パーツ、プラ板にて多种装甲化。クスィフィアス側面を切り抜いてメカパーツ埋め込み。テールスカート内側に流用パーツ追加。〔脚部〕膝アーマー横をプラバンにて多种装甲化。膝関節フレームにシリンダー埋め込み。後ろ側にもパイプ等を増設。装甲の分割を増やして内部フレームがチラ見えするように改修。足首関節部に太径シリンダー増設。※ その他浑身に流用パーツプラ板スリット切り欠き追加マスキングによる濃淡塗り分けコーションデカールメタルパーツ等でディティールアップし情報量を増やしました。以上、最後までご覧頂き本当にありがとうございました!

上一篇:同时又是二十世纪法国交响音乐的一部杰作,车身侧面则没有太多变化
下一篇:没有了